バリ取り大学とは

バリ取りとバリ取り大学

重要な工程であるバリ取りですが、従来、人が手作業で対応することが常識化されていました。

それは、前加工で使用する工具の磨耗状態によってバリが変化するため、手作業でなければ
対応できなかったからです。

顕微鏡を覗きながら非常に繊細なバリ取りをしている方、何万回転も回るようなエアー回転工具で
火花を散らしながらバリ取りをしている方が、業界や企業規模問わず、たくさんいらっしゃいます。

バリ取りは、重要な工程ですが、バリ取り担当者の負担が大きく、かつ単純な作業になりがちです。
そのため、モチベーションが上がらないのが現実です。
そして、バリ取り作業を楽しいと思って取り組んでいる方は、いらっしゃらないと思います。

そのようなバリ取りに対する考え方、取り組み方を変えるために、バリ取り大学を設立しました。

このWEBサイトでは、バリに関する様々な情報を提供しております。
また、バリ取り大学は展示会などに合わせてセミナーも実施しております。
> 詳細はこちら

理事長メッセージ

理事長メッセージ理事長メッセージ

バリ取り大学では、金属加工の現場に携わる方々の目線で、バリ取り、エッジ品質、仕上げに関する
基礎的・実践的セミナーを開催しています。
日々の製造現場において、お客様ご自身がご自分で解決してゆけるように、判断基準やキッカケを
提供できるようなセミナーを心がけています。

理事長略歴

1972年生まれ。1998年3月慶応義塾大学院卒(電気工学科修了)。研究テーマは盲導犬ロボットの開発。
1998年4月三井物産株式会社入社。原料の輸入国内販売事業、ナノテク研究開発ベンチャーの立ち上げ・事業推進、インキュベーション事業(VC事業)に従事。
2005年1月海外営業としてジーベックテクノロジーに入社。国内外の金属加工現場にて当社ツールの導入、市場開拓。その他人材採用、開発戦略等も担当。
2007年10月代表取締役社長に就任。
2008年より砥粒加工学会研磨布紙加工バリ取り加工技術専門委員会理事

セミナー講師のご紹介

様々な業界のお客様に足を運ぶ、バリ取り問題解決の経験豊富なスタッフが、講師を務めさせていただきます。

セミナー講師

事務局

株式会社ジーベックテクノロジー
http://www.xebec-tech.co.jp/
独自のセラミックファイバーを用いたバリ取り・研磨工具開発。
自動車・航空機・発電・医療・機械等、様々な分野でバリ取り自動化を推進。
海外比率70%。40カ国以上で市場開拓。

バリ取り大学とは?
    

バリに関する考え方や取り組み方を
学ぶための大学です。
セミナーの開催やバリ取りのご相談も
毎月10日に実施しております。

バリ取り大学が取材されました!